総量規制による借入れ制限

総量規制による借入れ制限


総量規制という言葉を聞いたことがあるでしょうか?これは、カードローンやキャッシングなどを利用しすぎて、多重債務者を抑えるための処置です。具体的には、カードローンなどの利用は、年収の3分の1以上は借り入れることができないというものです。

基準になるのは、借入限度額になりますので、実際に借金をしている金額が年収の3分の1という判断ではありません。厳しい措置だと思われる人もいると思いますが、年収の3分の1もの借金をカードローンやキャッシングでしている場合には、十分に返済遅延を起こす大きなリスクを抱えていると理解すべきです。ですから、カードローンの利用は限界があるということを理解し、新規にカードローン会社に申込みをしても、受諾してもらえないので、総量規制の対象になりましたら、その後は、しっかり返済ができるように、借金の返済計画をしっかり立てることが必要です。そして、総量規制により気をつけなくてはならないことは、ヤミ金などからお金を借りてしまうことです。

本来ならば、カードローン会社は、総量規制の制限を守らなければならないのですが、ヤミ金のような悪徳業者は、総量規制など関係なく、誰でも、審査不要で融資しますなどと謳っています。しかし、フタを空けてみれば、とんでもない金利を課せられることになり、金利の負担だけでもかなりの負担になり、返済不能になることが考えられるのです。ですから、どんなに困っても、ヤミ金だけには手を出さないようにすべきです。

↑ PAGE TOP