審査を受ける

審査を受ける


カードローンは誰でも利用できるものではありません。借りたお金は、間違いなく返済する能力がなければなりません。つまり、安定した職業についており、安定した収入が毎月あるということが重要になります。申込み時には、自己申告になるのですが、その後は、カードローン会社の担当者が、本人確認と会社への在籍確認を行います。

本人確認は、申込み後すぐに、電話もしくはメールなどで、通知が来ますので、その際に必要な事項を答えればよろしいです。また、会社に勤めていることが条件になりますので、会社への在籍確認も行われます。具体的には、ご自身の職場に連絡が入ります。ご自身が対応しなくとも、他の人が電話をとり、在籍しているということが解れば良いのです。しかし、職場にカードローン会社を利用していることは、上司は同僚などには知られたくないと思います。

不安に思う人もいると思いますが、会社への在籍確認の場合には、特にカードローン会社の名前は出さずに、個人名などでの連絡がありますので、心配する必要はありません。また、審査の内容として、信用情報機関と言う組織に、過去や現在のローンの利用残高や、取引履歴などを調査します。万が一、過去に支払遅延を何度も起こしているような場合や、複数のカードローン会社に申込みをしているような場合には、カードローンの利用を拒絶されることもあります。

以上のように、カードローンを利用する場合には、しっかりと審査を受けた上で、初めて利用できることになりますので、ご自身がカードローンを利用できる状態にあるか否かを事前に理解しておくべきです。

↑ PAGE TOP