ローンってどういう仕組み?

Q.1 ローンってどういう仕組み?

お金を借りる時に必ず出てくるローンっていう言葉。 そもそも「ローン」とは何でしょうか?

ローンの意味とは?


ローンという言葉の意味は、何かを貸すです。 本来の意味はお金に限ってはいませんが、一般的には「お金を貸す」という場合に使われています。 今持っているお金だけでは足りない場合や、間に合わない場合などに利用できます。 借りる先は、銀行や消費者金融などです。

ローンの種類


ローンには大きく2種類あります。
1つ目は、
★用途が限定されているローン
住宅ローン・マイカーローン・教育ローンなどのローンが多くの人に利用されています。
2つ目は、
★用途が限定されていないローン
用途が限定されているローンに比べて、用途が限定されていないローンは金利が高くなっています。

つまりローンは・・・


ローンは、借金です。 お金が必要なのに手元にない・・・。
そんな時に銀行や消費者金融などからお金を借りるのです。 借りたら当然、返さないといけません。
返す時に、借りた金額に「ありがとうね♥」という感じでちょっと利子をつけてお返しするのです。

だからといって「誠意がない」なんてことにならないように、きっちりとした計算法で算出した金額分を上乗せする形になっています。 また注意したい点は、長い期間借りれば借りるほど利子は付いてしまします。 そのため、借りたらできるだけ早く返すのが賢い利用法です。

↑ PAGE TOP