キャッシングの金利はさまざま

キャッシングの金利はさまざま


キャッシングを利用できる業態は、さまざまです。昔は、決して手を出さなかった銀行が、自らキャッシングやカードローンのサービスを提供しているのです。昔から、キャッシングと言えば、消費者金融系でしたが、信販系や、銀行系のキャッシング会社が存在しているのです。それぞれ特徴はあるのですが、金利の条件がさまざまな業態、業者により異なるので、消費者としては、より安い金利でキャッシングを利用できるような業者を選びたいところです。金利については、現在では、利息制限法という法律があり、上限金利が決まっています。

しかし、企業努力で、上限金利を安くすることはもちろん、最低の金利などについても下げている場合が多いです。しかし、最低の金利条件を見ても、あまり参考にはなりません。ほとんどの場合、最初にキャッシングを利用する場合には、各キャッシング会社の上限金利を課せられるからです。利息制限法では、上限金利が年利で18%(少額の場合は20%)と決められていますが、銀行や銀行系のキャッシングの場合には、上限金利が14%台になっている場合も多いです。逆に消費者金融系は、利息制限法の上限金利を課す場合が多いです。

はじめてキャッシングを利用しようと考えている人は、インターネットのキャッシング会社の比較サイトなどで条件を確認して、最も有利なキャッシングの利用ができるようにしっかり検討するとよろしいです。まずは、金利が大切で、その後に付随するサービスを検討しましょう。

↑ PAGE TOP