利用目的が自由

利用目的が自由


カードローンは、個人の年収や家族構成、勤務先などにより、利用限度額が定められますが、利用使途が限られていないために、どのような支出でも、利用することができるサービスです。

しかし、金利が高いので、利用する場合には、しっかりと返済計画を立てて、しっかり返済することが大切です。

利用目的が決められていないということは、どんな場合でもすぐにお金を借りられることができますので、リスクがあるということを忘れてはなりません。

特に、ギャンブル好きな人は、カードローンを利用して、ギャンブルにお金を費やすような人もいます。ギャンブルでは、一攫千金を得ることができますので、どれだけ高額なお金を借りていても、一度ギャンブルで勝てば、全ての借入れを返済できると思いこんでいますので、利用限度額までお金を使い果たしてしまうことになるのです。

また、特定のカードローンの限度額まで利用しきってしまいますと、毎月の返済ができなくなり、返済のために、別のカードローン会社に申し込んでしまうことになります。

しかし、新たなカードローン会社の利用限度額まで利用しきってしまいますと、多重債務者になり、最終的には、自己破産に陥ってしまうような場合もあるのです。

カードローンのカードを持っていますと、ご自身のお金だと勘違いしてしまい、どんどん利用しすぎてしまう傾向が高いので、カードローンを利用する場合には、まず、本当にお金を借りなければならない状況なのかということを考え、しっかりと返済計画を立てた上で、利用するようにしましょう。

↑ PAGE TOP