利用限度額と金利が決められる

利用限度額と金利が決められる


カードローン会社は、利用の申込みをされた場合に、前項で説明しました通り、審査をすることになりますが、カードローンの利用を許された人は、利用限度額と適用金利が決められます。利用限度額につきましては、申込者の収入や他のローンなどを考慮して、問題なく返済できる額が決定されます。

金利については、最初は、そのカードローン会社の上限金利が課される場合が多いです。取引が長く続き、金利も含めてしっかり返済しているような状態の人は、自動的に金利が下がる仕組みになっています。カードローンの金利につきましては、利息制限法という法律の上限金利までと定められていますので、今では、年利18%が課される場合がほとんどですが、銀行などの場合には、上限金利が14%台などに抑えられている場合もありますので、極力安い金利のカードローン会社を利用することが最も重要なことです。

利用限度額は、当初は限度額が低くされている場合が多いのですが、こちらも、金利と同様に、しっかり返済をしているような人は、自動的に、限度額が高くなる場合があります。

しかし、利用限度額は、ご自身の身の丈にあった額でないと、万が一、知らない内にカードローンを利用しすぎてしまいますと、毎月の返済額に窮してしまうこともあります。ですから、高い限度額を提示されても、今必要なお金を融資してもらえば良いと考えて、敢えて、低い利用限度額を適用してもらうとよろしいです。借りすぎなどのリスクを防ぐことができるのです。

↑ PAGE TOP