無担保・無保証人で利用できる

無担保・無保証人で利用できる


ローンと聞きますと、当然、保証人を立てたり、担保を提供しなければならないと思う人も多いと思います。
しかし、カードローンの場合は、利用者の個人責任において、お金をかりることができます。
ですから、他人に迷惑をかける必要がなく、財産を失う可能性は少ないのです。

しかし、当然、利用者の審査をすることになります。借金を返済するためには、返済能力がある人でなければなりませんので、収入や勤務先、家族構成や、他のローン利用の有無などを、口頭で確認されることになります。カードローン会社によっては、収入証明書などの提示を求めてくる場合もあります。カードローンを利用したいと思っている人は、即日の融資などを求めている場合も多いです。

担保や保証人を立てるような場合には、書類での申込み手続が必要になりますので、カードローンは利用者にとって、とてもありがたいサービスなのです。保証人を立てますと、万が一の場合に、保証人に迷惑をかけることになりますし、そもそも保証人になってもらうようにお願いすることも、申し訳ないと思うとともに、お願いをした相手から不信に思われることになります。

そして、担保を差し出すということは、返済遅延を起こしますと、すぐに差し押さえをされるような懸念もあります。ですから、無担保無保証人で借入れができるカードローンについては、個人の責任において、しっかり返済しなければならないということを覚えておきましょう。

↑ PAGE TOP