目的別ローンとの違い

目的別ローンとの違い


住宅ローンや教育ローン、マイカーローンなど、特定の目的で多額のお金を融資してもらうことを目的別ローンと言います。目的別ローンの場合は、借りる金額が多いということなどもあり、金利が数%と安く抑えられていますが、特定の目的以外にお金を融資してもらうことはできません。一方で、カードローンの場合は、利用使途が限られておらず、利用限度額までは、いつでもどこでも、何度でも借りいれができるという商品です。小口の融資を受ける場合などには、このカードローンサービスを受けるとよろしいです。

しかし、目的が決まっていないことと、いつでも借りられるという条件なので、とても金利が高いです。今では、利息制限法という法律に基づいた金利が課せられますので、昔のサラ金のような高金利を課するような業者は、ヤミ金を除いてはないのですが、それでも上限金利が18%と決められており、かなりの金利負担をしなければなりません。ですから、特定の目的でお金が必要になった場合には、極力目的別ローンを利用すべきです。そして、目的別のローンの適用が受けられない場合に、カードローンサービスを利用されるとよろしいです。小口の融資を受けるカードローンとはいえ、借金をしていることに間違いないので、しっかり返済をしなければなりません。

もし、返済遅延などを繰り返し起こしてしまいますと、金融事故者(ブラック)として登録されてしまいますので、目的別ローンの利用ができなくなってしまいます。

ヤミ金を利用した時点で、ほぼ自己破産に陥ること、人生が崩壊してしまうということになることを十分理解してください。たかが、カードローン、少々利用しても、すぐに返済できると思っていても、とんでもない金利を課されましたら、たかがでは済まない状態になってしまいます。

カードローンを利用する場合には、名の知れた大きな業者のサービスを利用するようにしましょう。

↑ PAGE TOP