金利が高いこと

金利が高いこと


カードローンは、住宅ローンなどの目的別のローンとは異なり、どんな用途でも利用できるという背景もあることから、金利がとても高いです。昔は出資法という法律が適用されており、とても高い金利負担分を強いられましたが、今では、利息制限法の上限金利を適用することが義務付けられていますので、少し金利の条件はゆるくなりました。

しかし、それでも、年利で18%(少額の場合は20%)の金利が課せられるので、決して安い金利負担ではないです。10万円借りましたら、単純計算で1万8千円もの金利負担をしなくてはならないので、バカにならない金利だと思われないでしょうか?金利は、年利が決まっているものの、日割りで計算されることになります。一定期日の借入残高に適用金利を乗じて、返済することになりますので、いかに早く返済するかということがとても大切なことです。

ですから、カードローンを利用しなくてはならない状態になったとしても、余分に借りるのではなく、最低限のお金を借りることが必要ですし、しっかりと返済計画を立てて、返済をすることが必要です。リボ払いなどの場合には、計算の方法がなかなかわかりませんし、毎月の負担がどの程度かがわかりませんので、カードローン会社が用意している返済シミュレーションの機能などを活用されるとよろしいです。

そして、生活費に余裕のある場合には、繰り上げ返済をして、借入れ元本を少しでも減らすように対応することが大切です。

↑ PAGE TOP