過去に金融事故などを起こしていないこと

過去に金融事故などを起こしていないこと


カードローンを利用するためには、過去に金融事故を起こしていないことが重要です。
金融事故とは、返済遅延を繰り返し起こしているような人や、借金を踏み倒した人、自己破産などをしてしまった人のことを言います。

カードローン会社にとっては、信頼のおける人でないとお金を融資しましたも、返済がない状態になってしまう可能性がありますので、審査の過程で必ず過去の金融事故の有無と内容について調査をすることになります。ほとんどの人は金融事故などを起こしていないと思うのですが、万が一、過去に金融事故の経験があるような人は、しばらく経ちませんと、いわゆるブラックリストの対象者から除外されることはないので、申込みをしましても、カードローンの利用は見送られることになります。

カードローンやキャッシングなどの少額の借入れで、少々の返済遅延を起こしていても、特に問題ないのではないかと思われる人も多いと思うのですが、金額の過多によるものではなく、しっかり返済日に返済をし続けることが大切なのです。金融事故を起こしてしまいますと、本当にまとまったお金が必要になる、住宅ローンや教育ローン、マイカーローンなどの目的別ローンを利用する際にも、悪影響を及ぼしことになりますので、毎月の返済が滞るようなことは絶対に避けなくてはなりません。

万が一、返済が困難になりましたら、早めにカードローン会社に連絡をすれば、返済面の条件を緩和してくれる場合もあります。

↑ PAGE TOP