利用使途が限られないこと

利用使途が限られないこと


住宅ローンやマイカーローン、教育ローンなどは、かなり多額の費用が必要になるために、ローンを組む場合には、利用使途が限られています。目的別ローンというのですが、メリットは、長期間に渡り返済が可能なことと、金利の水準がかなり低いということです。

しかし、キャッシングは、利用使途が自由なフリーローンですので、借入れ限度額までは、どのような用途でもお金を融通することができます。しかし、利用使途が限られていないということは、とても危険なことでもあります。つまり、本当に必要なお金ではなく、ギャンブルなどでキャッシングを利用することもできるのです。ギャンブル好きな人は、いつか大金を設けることができるので、少々借入れをしてもすぐに返済できると思っている場合が多いのですが、ギャンブルで大きく勝つことなど滅多にないことです。

ですから、いくら、利用使途が限られていなくとも、本当に必要な場合にのみ、キャッシングを利用するように心がけるべきです。キャッシングを利用してお金を借りますと、金利が目的別ローンなどのように数パーセントではなく、ほとんどの場合は18%もの金利が課せられてしまうのです。日割りで金利が課せられますので、キャッシングでお金を借りましたら、出来るだけ早く返済することが重要になります。長い間、借入れていればいるほど、金利の負担分が大きくなり、毎月の返済に窮することになります。お金の管理がうまくできない人は、キャッシングを利用することは避けた方が良いです。

↑ PAGE TOP