返済ができなくなったらどうするか

返済ができなくなったらどうするか


カードローンやキャッシングを利用して、借金が雪だるま式に増えてしまった場合には、返済が着なくなってしまうことも多いと思います。そんな際には、まずどのような対応をとればよろしいのでしょうか?黙って、返済遅延を起こすことが最も悪い対応の仕方です。正直に期日までに返済ができない旨を、カードローン会社に話すことが必要です。その際に必要なことは、いつまでに返済をするかということを告知することです。

支払が遅れますと、遅延利息などが課されるとは思うのですが、返済が遅れる旨をしっかりカードローン会社連絡することで、なんらかの免除を受けられると思います。しかし、約束した期日に返済ができないということになりますと、取り立てのための電話などが自宅にかかってくることになります。借金を免れている状態は、精神的にとてもつらいことです。そして、いつ、取り立て屋が来るか?などと常に不安に思ってしまう状況になるでしょう。最終的には、民事で解決することになります。さまざまな方法がありますが、最終的には、自己破産申請をしなくてはならなくなり、全ての財産を失ってしまうような状態になってしまいます。

借りたお金など返さなくても良いと考えている強者もいると思いますが、借金から免れることは、ほとのどありません。ですから、カードローンやキャッシングを、必要でもなく保有し、利用限度額まで、何の計画もなく利用することは、とても危険なことなのです。

↑ PAGE TOP