利用限度額が決められる

利用限度額が決められる


カードローンは誰でも利用できるわけではありません。まずは、安定した収入があり、毎月返済ができる人でなければなりません。ですから、パートやアルバイトなどでも、毎月安定した収入があれば利用することができるのですが、やはり、収入などを判断して、無理のない返済ができるように、利用限度額が定められます。

アルバイトやパートをしているような人は、10~20万程度の利用限度額になると思いますし、収入が多い人は100万円までの利用ができる場合もあります。利用限度額が多ければ良いと思いがちですが、利用限度額までは、いつでもどこでも簡単にお金を借りることができますので、カードローン会社が提示する利用限度額が高くとも、敢えて、減額をしてもらうようにしますと、ついつい借金をしてしまうというリスクを抑えることができます。

カードローンを利用する人は、まるでご自身の貯蓄のように、どんどんカードローンを利用する傾向が高いです。リボ払いだから、毎月の返済くらい簡単にできるなどと思っていても、借入れ元本が大きくなればなるほど、毎月の返済額は増え、知らないうちに、毎月の返済額が大きくなって、返済に窮してしまうこともあるのです。

ですから、このついついお金を借りてしまうというい状態を避けるためにも、利用限度額を少なくしておけば、利用限度額になれば、もうお金を借りることができなくなりますので、ひとつの借金のリスク解消法だと思います。利用限度額が少ないと思った場合には、しばらく利用しましたら増額の申請をすることもできますので、最初は、限度額を低くすればよろしいです。

↑ PAGE TOP