収入証明不要なカードローン特集

収入証明不要なカードローン

2010年に施行された貸金業法により、カードローンを申し込む際には「源泉徴収書」「確定申告書」「給与明細書」など、年収を証明する書類の提出が必要になりました。
しかし例外となるケース、収入証明書なしで借入できるカードローンもあるのです。

免許証だけでOK?身分証明書で借入できるケースもある


収入証明書を用意するには、勤務先や役所に行って証明書を発行して貰わなければなりません。しかし条件によっては、身分証明書だけで借入可能なカードローンがあります。あなたが運転免許を持っているなら、免許証だけで借りる事もできますので、ぜひチェックして見て下さい。

金融系カードローンなら、利用限度額50万円以下がひとつの目安に


収入証明書が不要になるのは、おおむね以下のようなケースです。 ・1社あたりの利用限度額が50万円以下の場合 ・他社からの借入合計額が100万円以下の場合 収入証明書の準備が難しい時は、利用限度額に注目して選んでみましょう。

高額が必要なら銀行系カードローン。最高限度額300万円のケースも

■消費者金融と銀行カードローン比較

収入証明書不要のケース審査・融資にかかる時間
消費者金融 限度額50万円以下短時間で融資可能
銀行系カードローン 限度額100万円以下
限度額200万円以下 
など
条件により変わる

収入証明書が必要となる最高限度額は、各金融機関により設定されています。消費者金融なら50万円以下が一般的ですが、銀行系のカードローンなら、最大で300万円以下なら原則不要の場合もあるなど、高額の借入が可能な銀行もあります。 スピードや利便性の面では消費者金融の方にメリットがありますので、必要に応じてチョイスしましょう。

↑ PAGE TOP