カードローンとは何か

カードローンとは何か


カードローンという言葉を聞いたことがある人は多いのではないでしょうか?今では、テレビCMなどで大々的に宣伝しています。カードローンとは、小口の借金をする方法です。
後に説明しますが、利用使途が限られず、利用限度額までは、何度でも利用することができますので、冠婚葬祭などのまとまったお金が必要になった場合に、利用するとよろしいです。

しかし、利用使途が限られていないということもあり、住宅ローンやマイカーローン、教育ローンなどとは異なり、金利の負担分がかなり高いです。
目的別ローンですと、数パーセントの金利負担で済むのですが、カードローンの場合には、通常18%の上限金利が課されますので、リボ払いという分割払いにしましても、毎月の返済には、かなりの負担を抱えてしまうことになります。

適用される金利は日割りで計算されますので、出来る限り早く返済することが必要です。
そして、カードローンは借金をしている状態ですので、必ず返済期日までに、お金を返済しなければなりません。万が一、返済遅延などを起こしてしまいますと、通常の金利より高い遅延金利が課されることになりますので注意が必要です。

そして、頻繁に支払遅延を起こしてしまった人は、金融事故を起こしたと判断されて、信用情報機関(後に詳しく説明します)などにいわゆるブラックとして登録されてしまいます。ブラックの烙印を押されてしまいますと、大きなローンを組まなければならない、住宅ローンなどの申込みができなくなってしまいますので、計画的に返済できないような人は利用すべきではないです。

↑ PAGE TOP