安定した収入があること

安定した収入があること


カードローンを利用できる人は、毎月必ず返済ができる人でなければなりません。安定した収入のないような人は、カードローン会社としても、融資をすることは難しいのです。

ですから、まずは、ご自身が融資を受けられるか否かをしっかり把握する必要があります。基本的には会社員や公務員の人は、給与所得を毎月受けていますので、利用限度額に差があっても、利用することができるはずです。しかし、自営業などの場合には、収入が安定していないと言う意味で、自己申告だけの申込みではなく、収入証明書などの提示を要求されることもあります。

また、学生や主婦のような場合でも、パートやアルバイトをして、毎月ほぼ安定的な収入がある場合には、カードローンを利用することができます。利用できる可能性が低い人は、全く職に就いていないような人や、専業主婦のような場合です。万が一、借入れができたとしましても、ご主人などの同意書を要求されたり、ご主人の収入証明書などを要求されるはずです。安定した収入がありましても、すでに他のローンの負担が多いような人は、新たなカードローン会社の利用は難しいと思われます。

カードローンを利用するためには、安定した収入があり、間違いなく返済日に返済しなければならないので、毎月の返済が厳しいと感じるような人は、借金地獄に陥ってしまうことを回避するために、カードローンの利用を避けるようにしましょう。カードローンはいつでもどこでも、何度でも借りれができますので、借金が雪だるましきに増えてしまうことも多いのです。

↑ PAGE TOP